今日は、介護現場の仕事は、「介護しない仕事」もあります! という話を書いていきます。



介護アテンド職、介護助手、生活支援職、ライフメイトスタッフ・・・など様々な名称がありますが、3大介助以外の仕事をサポートする仕事です。



どういう仕事か、というと以下のようなイメージになります。


 「介護施設の仕事には興味がある、けれども、直接介助する仕事は不安がある・・・」という場合に、まずはこの周辺業務(アウケアでは「生活支援職」と表現しています)からスタートしてみて、慣れてきたり、興味関心が持てれば、介護職として働く、というのも1つかと考えています。


 施設によって募集の有無、対象範囲、仕事しているのか/ボランティアなのか、など違いが多くありますので、施設ごとの違いを知っていただきつつ、ぜひイメージにとらわれず、介護現場の仕事を見て頂き、選択肢としていただければと思います!



 今日の内容はおしまいです。