介護業界では多様な方が働いている点「介護現場は職種も多様」を、過去にはお伝えしました。



今日は介護職としてのキャリアがスタートした後に、どういったキャリアがあり得るのか、ご紹介します。



 まず基本的には、現場の介護職としてのキャリアを積んでいくパターンです。





初任者研修->実務者研修->介護福祉士の取得し、その上で、自身の専門性を磨くやり方もありますね。



民間資格の選択肢も多いです。





 次は「ソーシャルワーカー」としての働き方です。





ケアマネージャーの取得は、従来の「キャリアアップ」として認識している方も一定数いました。(直近はまた状況が変化しているようですので、その辺りもまたの機会にご紹介します)



利用者個人だけではなく、家族とのやりとり・そもそものプランを立てる仕事に就くということになります。




 他には「管理職」としての働き方です。






人数が多い介護施設において、リーダー・管理職は重要ですが、希望者はそこまで多くありません。





この3つが大きなキャリア路線ですが、それ以外だと自身がやりたい介護を目指し、独立するパターンもごく僅かながらありますね。





 まとめると大きく3つ、独立するというパターンも含めると、4つでした。






同じ「現場関連でキャリア」を積むとしても、施設の形態・種類・方針が違えば、そこでのキャリアも変わってくるという点が、とても奥深いところです。



そういった詳細な内容も、今後、少しずつご紹介していきます。




 今日の内容はおしまいです。