3月13日に開催されたオンライン質問会「現場が変わる時は、何かが起きる!?」の内容を、複数回に分けてご紹介します。

今回は 「介護現場を変えていく過程でどんなことが起きるのか」というテーマで、

髙口光子さん・医療法人財団百葉の会人材開発室部長 坂野悠己さん・特別養護老人ホーム駒場苑施設長

にお話いただきました。

前回記事:#3 改革あるある

編集部 介護職の方にとって、変わっていく過程の施設に関わることはどんな意味を持つと思いますか?

髙口  改革をするということは、人が辞めるとか事故が起きるとか、「本当に自分はこれでよかったんだろうか」と問い詰められるような大変な経験をします。 そして、自分を責め、這い上がっていくような…良いことばかりじゃないですよ。 でも、自分が考えて、発言して、歩み出す、を繰り返す。

 反対派と出会うことは「お前本気か」「お前が考えていることちゃんと言ってみろよ」とどんどん問われることなんですね。 つまり、自らをより深く問う人と出会うということです。

 そして、改革の時期を乗り越えて一定の安定を得たときに、そこから介護職としてベテランになったりとか、主任、施設長になっていったり、相談員さんなど介護と別の分野に進んでいく人もいます。 でも、ときに自分を責めるほど苦しかったあの時期の「あれほど介護を真剣に考えた時期は合っただろうか?」っていう体験が自分の核になることは間違いない。 これからも色々な困難があるけど、自分の核があるので乗り越えられるね。 強い。落ち着いてる。落ち着いて苦しめる。 あれが、改革期に挑んだ者たちの強みだと思いますね。どうだ!

坂野 どうだって(笑)    変化の前後だけを知っている人はたくさんいるけれど、変化の過程を知っている人にしか無いものがあると思うんですよね。 戦った結果居続けた人は、どの業界に行っても強いですよね。 そういう意味で、私みたいにやりすぎると感情がなくなっちゃう人もいると思うんですけど…叩かれすぎて、叩かれてもあまり何も感じないというか、叩かれても叩かれなくてもやることは同じだなと思って。 要は、戦い続けて居続けた人はすごく強いし、今それなりのポジションで仕事してるなって思います。 人生で何度も経験する必要は無いと思うんですけど、1、2回はそういうチャレンジをしてもいいのかなって思いますね。