2020年11月13日に行われた「いしいさん家×駒場苑×はいこんちょコラボ企画 オンライン質問会」の内容を、ダイジェスト版連続記事でお届けします!

以前から親交があるという石井英寿さん(宅老所いしいさん家)、坂野悠己さん(特別養護老人ホーム駒場苑)、小林敏志さん(宅老所はいこんちょ)の3人が、今抱えている悩みから、今後施設が目指す方向性まで、90分間たっぷりと語り合いました。

セミナー動画

#1 今の悩み

(動画 00:20:25 - 00:25:45)

石井英寿(いしいさん家) :昨日(入居者の)おばあちゃんに痙攣が起きて点滴で補液をしたんだけど、そういう医療行為ができない自分のもどかしさがあって。 「今更(看護資格は)取る必要ないんじゃない」っていう人もいるけど、これから必然的に看取りもあるので、ずっともどかしさを感じるのかなと思って(看護学校へ)行こうかなと悩んでます。 初めて公の場で言ったかも。 でも45歳ののおっさんが看護学校に行ったら、どうなんだろうね(笑)

坂野悠己(駒場苑) :めちゃめちゃ目立つでしょうね(笑)

小林敏志(はいこんちょ) :僕は今度サロンを始めようと思っていて、病気を抱えながら介護している家族さんや職員が、自分の病気についてもっと語れる場を作りたいなと思っています。 昔から、介護職や家族さんが自分を犠牲にしてしまうことが多くて…そんな中で病気を抱えながらでも、この仕事・生活を続けられたらいいなと思ってるので(サロンを)やろうと思ってます。

(坂野さんの悩みは、次回「 #2 新型コロナ対策の説明・協力願い」で紹介します!)

次回: #2 新型コロナ対策の説明・協力願い