■特別なことはやっていない、「自然に」「普通に」

編集部:今日は所長の曽木さんに話を伺います。宜しくお願い致します。 曽木 :宜しくお願い致します。

編集部:早速ですが、銀木犀<市川>の方針について教えてください。 曽木 :はい。まず銀木犀は法人としての発信が強いように感じられるかも知れませんが、事業所単位では明確なコンセプトは強いられていません。所長に就く際も、代表の下河原から「好きにやっていい。今のイメージに囚われなくて良いよ」と言われました。

編集部:そうなんですね! 曽木 :ですので、銀木犀<市川>としては「スタッフ、ご入居者さん等関係なく、ここにいる全ての人にとって居心地の良い場であること」「より良い人間関係を目指すこと」を、全員で共有する目的にしています

編集部:なるほど。 曽木 :また、そういった仕事の時間を過ごすことで、結果的にここで働いている人が、家族や身近な人と幸せに暮らせることが大事だと思っています。仕事が自分の幸せに還ることはとても大事です。

編集部:ありがとうございました。そういった考え方は、どういった背景で生まれたのですか? 曽木 :自分としては、銀木犀だからといって特別なことをやっている気持ちはないのですが。銀木犀に来るまでは、入居施設で介護職員として長く仕事をしていましたが、過去にいたいくつもの施設では「安全・健康・長生き」に最適化する施設の価値観や指示が強く、ご利用者さんにも「〇〇しなければいけない」という施設で決めた枠に嵌めて対応してしまいがちでした。私自身も、そういった対応を「安全や健康のためには仕方がないこと」「施設はこういうものだから仕方がない」と思いながらやっていたこともありました。

編集部:はい。 曽木 :ただ、銀木犀に来てみると、「安全のため」「健康のため」などの理由でご入居者さんを縛るような枠や価値観はほとんどなかったのですね。「安全のため」「健康のため」という価値観や枠を外してみても、実際にはすぐに大怪我をするわけでもなく、病気になるわけでもありませんでした。外して大丈夫な枠なのであれば、本人の自由を尊重してなるべく外したい。不要な管理をせずに「自然に」「普通に」していきたい、ということです。 もちろん、安全や健康も気にしてはいます。バランスの話しですね。

曽木 :また、特別すごい事業所になろう、ということもありません。スタッフにも「ちゃんと仕事しなさい」など厳しく言うこともありません。みんなにとって居心地が良いところを目指して、みんなが幸せになれば、居心地の良い自分の居場所を大事にするために、仕事は自分からきちんとやるようになるものだと思うのです。自発的に学ぶようになれば、結果的にケアも丁寧になります。

編集部:なるほど〜! 曽木 :そしてそれを強いることもしません。「居心地の良い場にする」という目的やその思いがスタッフに伝わらないのであれば、それはわたしのコミュニケーションの問題だと捉えています。

編集部:過去の経験から業界への課題認識も持たれているのですね。 曽木 :結局「何のため?」が抜け落ちているのかなと感じています。「決まりだからやらなければいけない」という思いの壁が厚過ぎるのですね。本来は、やっているケアの先に「その人の幸せ」があるべきですが、それが見えづらくなっていますよね。 だから、実は幸せにつながらないことをしてしまう。

編集部:なるほど・・・。 曽木 :本当にその安全性重視の決まり事は必要なのか?ということです。市川事業所でも、例えば入居者の方が転んでしまったとしても、ご家族に連絡すると、ご家族の方が「ご迷惑をおかけして〜」と言われることが多いのですそれはご家族もここが安全管理の場ではなく、本人が幸せに暮らすための「住まい」だと理解しているからです。理解と共感さえ得られれば、過剰な枠に嵌めて管理しなくても、案外安全に、楽しく暮らせるのです。それは本来自然なことです。

編集部:確かにそうかもしれません。 曽木 :安全や健康のために抑圧し過ぎていても、現実は誰も幸せになっていません。ちょっと考え方を変えませんか、という話です。介護職の人たちは、例えば「法律だから」などを理由に実際にうまくいかないケアを諦めていることもありますが、私たちはそこを諦めたくないと考えています。介護職が現場の現実を外に伝えていってこそ、法律等の決まりごとも価値観も変わっていくものだと思います。

■ゆとりを作って、人の幸せを実現する環境を作る

編集部:素晴らしいです。目指していることはよく理解できました。現状、事業所としての実態としてはいかがでしょうか? 曽木 :はい。今年の秋に赴任したばかりなので、期間が短いというのはあって、働いている職員の中でも、まだ接点が少ない人も多いです。もっと対話しないとわからないことも多いかなと。

編集部:はい。 曽木 :インタビューを受けたいただいた田中さん(記事はこちら「」)とは普段から、たくさん話していますが、まだ話せていない職員も多くいるので、みんなが安心して、もっと話せるようにしなければ、と思っています。

編集部:なるほど。 曽木 :入居者の方も同じですね。とにかく所長として、言いにくい人にはならない様にと心がけています。 職員から難しい提案があった場合も即答でNGとは言いません。まずは話をしてもらえるようにしていきたいと思っています。そして、いろいろな話しに応えるためにも、もっと人とゆとりが必要です。

編集部:そうですよね。 曽木 :職員同士でより良い住まいやケアをつくるために「対話」をするのも、仕事のうちと認識してもらいたいと思っています。今は自分たちで決めたタスクをクリアすること、が仕事と思ってしまっている側面もありますので・・

編集部:そうなんですね。 曽木 :よく「成果を求めよう」と言っています。それは売上のことではなく「ここにいる人の幸せ」だよと。自分個人が正しいと思うことをやっても、結果誰も幸せにならないのでは、結局働いている人もつまらないのです。全員が居心地の良い場という目的を実現するために「対話することも仕事」で、その考え方を浸透させていくことが大事だと思っています。

編集部:面白いです。 曽木 :逆に介護技術や知識は、ばらつきがあるとも思っています。そこを自ら学ぶようにしていくための動機付けは、まだ足りておらず、そこも課題かなと考えています。

編集部:よくわかりました。その課題に対しては、どんな取り組みが考えられますか? 曽木 :少し触れましたが、対話や一緒に勉強する時間、より良くする実践を増やすためには人の余裕が必要になります。訪問サービス中はその仕事から抜けられないので、サービスに入っていない時間をどう使うか?が鍵です。今は残業はありませんが、職員が訪問サービスに入っていない空き時間が多くはありません。それを増やすためには、より人員の余裕を作る必要があります。

編集部:なるほど! 曽木 :また、職員は価値観が違う人や、働く分野が違う人と話す機会も大事です。例えば、私が運営メンバーとして所属する介護のコミュニティ団体では、あえて介護が専門ではない人をゲストに呼んで介護について話してもらい、新しい気づきを提供する場を作っています。そういう場に職員が関わる機会をもっと作れたらと思っています。

編集部:はい。 曽木 :また、自分自身でもTwitterを使って介護の発信をしています。当初は、特養に関して、働いていてわかる現状を一般の方に伝えていきたくて始めました。最初は、自施設に限らず、日本中の施設に親御さんが入所されているご家族の方々に伝えたかったんですよね。例えば、人手がいないからと利用者さんを朝5時に起床させて、食堂で2時間半待たせて、一人5分でご飯食べ終わるとか、そういった現実があることを一般の人が知った時に、どう感じられるのか?ということを問いかけたかったんです。自分の親が入るかもしれない、自分も将来入るかもしれない施設の現実がそういうものであっていいんですか?と。

編集部:そうだったんですね。 曽木 :実際にはTwitterは介護に関心のない一般の人に介護のことを伝えるのは難しいツールだと後から気付いたのですが(笑)。 そういった中で、ではまず介護領域の人同士が広く繋がって行く機会を増やそうと思い「kaigo×kaigo ツナガル」という団体をつくりました。この取り組みも、考えとしては似ていて、介護に関わりのある人にイベントに参加してもらって、その後に介護の周辺の人に伝えいってほしい、という趣旨でした。イベントの参加者の方には、参加後に1人でも良いので、他の方に繋げて欲しいということを言っていました。考え方は同じです。現状を多くの人に知ってほしい。どうすればいいのか、みんなで考えてほしい。

■求めるのは考え方への共感とコミット

編集部:ありがとうございました。前々から考え方は同じなのですね。そういった中で、今はどういった方に来て欲しい、というのはありますでしょうか? 曽木 :介護のスペシャリストも嬉しいですが、そこというよりは、ウェブ・雑誌・Twitterでも何かを見て、銀木犀や私の考え方に共感性が高い人ですね。

編集部:なるほど。 曽木 :やはり、ミスマッチ起こすと後から修正するのは大変です。ここにいる人全員で幸せになる、という考え方へコミットできる方、共感できる方ですね。

編集部:確かにそうですよね!そういった方にとっての良い点は、どういった点でしょうか? 曽木 :そうですね。先ほども話しましたが、私は必ず話を聞きます。対話や提案自体への拒絶はしません。極端な話、法律的なことも、暮らしの幸せに繋がっていなければ、変えていく様に働きかけていくべきだと思っています。

編集部:なるほど・・・! 曽木 :現場の状況は、介護職が一番知っています。だからこそ、所長という立場を理由にNoというのは違うと考えています。例えば現場で、もっとやりたいことがあるのに、危ないからダメと言われたとか、人が足りないからダメ、と言われたとか・・そういった経験で介護に閉塞感を感じている方に対しては、ここでならできることも多いよ、と後押しをできる、とも思っています

編集部:そうですよね。 曽木 :そういった考え方をする事業所と比べると、自由だと思います。ご入居者さんを必要以上に管理するストレスを感じなくて良いです。例えば、外に出れない、好きなもの食べれない、買い物もできないとか・・そういったこともありません。「何となくおかしくない?」といった課題意識を、放置せずに変えていける環境がありますね。

編集部:よくわかりました。業界への問題意識、今の事業所の方針・課題、概要が理解でき、よかったです。それでは、最後に一言お願いします。 曽木 :銀木犀市川事業所にきたら絶対間違いない、とは言えません。が、私自身が特養の現場で10年以上年働いてきて、楽しいこともたくさんありましたが、職員、利用者ともに不自由さはもっと多く感じてもいました。だからこそ、今はそういうことがないように、最大限、気にしてやっています。同じような過程を踏んだ人にとっては、働きやすい職場になるのではないかなと思います。未経験の方ももちろんですが、一度「介護は抑圧的で面白くない」と感じてしまった経験者の人にも、是非きてほしいです。

曽木 :そして、事務所の仲の良さは月並みですがあると思います。その良さを広げていきたいです。職場をより良くするための対話推奨です。そんな現場に是非関心を持ってもらえたらと思います。ありがとうございました! 編集部:ありがとうございました!